123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 |
2006-04-20 (Thu)
GUILD WARS 第2戦。(戦場:砂漠の疾走)

衝突直後、心臓ドラツイを食らった。
ミラー範囲外に出てしまった人やディスペルで支援を消された人が
ドラツイにより倒されてしまった。
走りながら支援のかけ直しをしていたプリマスが
先頭から少し送れたことも死亡の原因かと。
申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

その後も衝突のたびに心臓ドラツイをかまされ、
敵も味方も全然見えず。
ドラツイで攻撃兼目くらましをする作戦だったのかもしれない。
s-CourageSoldires1.jpg


散り散りになるPTメンバーをPTHをしながら追いかけ、
何とか支援を切らさないようにと頑張ったが、
相手ギルドの物理職さんが滅法強く、死者が出てしまう。
2人死者が出たらコール&リザをするよう心がけていたが、
やはりドラツイの最中でエレ&ミラーが無くなるのはキツイかと
迷いが出て、なかなか戦線離脱のタイミングを掴めなかった。

しかも相手ギルドにたくさん透明な人がいて、
急にガガガっとHPを減らされてしまう。
プリマスも危うく死ぬところだった。
インター・ビット・ダブスロと、上から横から多段攻撃を受けると
健康BISでもあっという間にHPを削られることを身をもって知った。
プリマスの場合健康BISといえどもカリスマに振りすぎ、
装備が貧相という2点から、同Lvの健康BISさんに比べると柔らかいとは思うが。
1~2度死を感じたが、フルポがぶ飲み&Wizさんのアスヒにより
何とか生きながらえた。

↓透明な誰かを皆で倒そうと頑張っているところ。
CourageSoldires3.jpg

透明な人は素早く移動しながら攻撃してくるため、
こちらとしては致命的なダメージを与えることが難しく、
多対少の状況を作り出せても、倒すことはできなかった。
Wizのサンダーがあれば、位置を把握できたのかもしれない。

また、ディスペルにより支援を消されたりCPを削られたりしたのも痛かった。
プリマスもディスペルを食らったが。
心臓を食べて、PTHを不必要なまでに連発し、
「心臓持ってるんだぜ~!」とアピールしてみた。
そして心臓効果が切れないうちに支援のかけ直し。
2回ほどアピールをしたら、ディスペルを食らわなくなった。
アピールに気づいてもらえたのだろうか・・・。
CPを減らされると回復ができないのはもちろん、
オートスキルを維持できなくなるのが辛い。

序盤にかなり死者を出し、点差が開いてしまったが、
中盤にじわりじわりとポイントを取り返していく。
取り返し、また離され、という状況が続き。
判定負けしてしまった。
CourageSoldires_result.jpg
両ギルドとも点数が枠からはみ出した。
スケールの大きな戦いだな。

今日はPTメンバーが広範囲に散ってしまうことが多かったが、
うまいことコールを使うことができなかったのが反省点。
メンバーのHPバーだけでなく、右上のマップにも気を配らないといけないと思った。
しかし序盤にかなり点数を離されたのに、
最終的に結構取り返していたので、善戦できたのだと思う。
追いつこうと必死になれる戦いで、とても楽しかった。
Courage Soldiresの皆様に感謝。

戦のあとのマッタリタイムにゴブリンとタイマン。
ゲンさんに「お 良い勝負」と言われた。
taiman.jpg


| GUILD WARS | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。